ほわぴ犬猫旅日記

旅行や日常を書いています。

あるNPOの話

夜PC開かないようにしてたら結構日が空いてました。

姉が最近あるNPO法人のお手伝いをしていたのですが、それでトラブルになって毎日大変みたいです。

まぁ簡単に言うと猫保護団体のボランティアをしてトラブルになった感じです。

私は仕事柄、猫や犬関係の人とは多少関わりがあるため、その業界のことは案外知っているのですが、姉には最初の時点でどういう団体かわからないけど、誰かしらとトラブっている団体っぽかったので、深入りしない方が良いとは言いました。
でも「猫たちがかわいそう」といって結局深入りしてしまったようです。


まず

・そもそも保護頭数が多い
・病気の猫を病院に連れて行ってない
・掃除ができてない
・譲渡する際に契約書を交わさない
・支援物資の報告がない
・報告書の提出をしていない

などかなり問題点があったようです。

もうその時点で信用なんてないんですけど、姉はそこを変えていきたいと頑張ってしまったようでした。
それで姉がSNSを通してかなりの支援物資と寄付金を集めてきたのですが、猫を病院に連れて行かず違うものにお金を使ってたみたいです。

目ヤニがついている子が多くて、案の定、譲渡した猫に目の病気があることがわかりました。しかし契約書も交わしておらず、代表は
「病気なら返してもらってもかまいません」
って言ってたみたいです。

まぁそのへんも普通は契約書に記載すると思うんですけど。

結局譲渡した方から
「もう自分ちの子なので自分でどうにかします」
ってなったそうです。

保護団体崩壊の動画やサイトを結構見ていたので、ホント姉には関わるのをやめてほしかったけど、「猫を見捨てられない」って結局泥沼になりました。

まぁ結局保健所に言って、指導してもらうことになったのでそれでよかったと思うんですけど。。


こんなことを書くと批判を食らうこともあるのですが、

「猫がかわいそう」
という感情だけに押し流されるのは危険かなと思っています。

私は一部の地域猫と呼ばれるものも許容しておらず、エサをあげるなら避妊手術、糞の始末までやってくださいねって思ってます。っていうかそこまでするなら飼えよ…っていうのが本音です。

保護団体も感情任せにやっている人は結構みかけたので、寄付する際はお気をつけください。

アニメ「ハイキュー」レビュー

Netflixでアニメの「ハイキュー」を一気に見ました。

haikyu.jp

バレーボールのアニメです。

弱虫ペダルもおもしろかったけど、バレーボールは中学の時から見るのが好きなこともあって一気に見終えてしまいました。

ひとつひとつのシーンが素晴らしくて、やはり中学の部活を思い出しました。

味方のキャラから敵のキャラまですごくうまく描かれてます。


一部ネタバレになってしまうと思いますので、見ようと思っている方は後日みてみてください。


一番ぐっと来たシーン、あとで検索…と思ったら、YouTubeでベストエピソード1位に選ばれてました。これはやばいです。


www.youtube.com

主役は日向、それに影山なんだと思うけど、それ以外の1年生月島のシーンです。

弱虫ペダルで人気のあったキャラは天才ではなくて「自分は天才ではなく普通」と思っている選手だったけど、やっぱりハイキューでもそういう選手の方が人気ぽいです。

この月島はすごく冷めてて、無駄に練習はしたくないし、勝てるわけないみたいがベース、でも周りに促されて少しずつ考え方が変わっていくんですが、それがやばいくらいうまく描かれてます!

そして名台詞

「たかがブロック一本 たかが25点中の1点 たかが部活」

このセリフがすごく印象に残りました。


実は自分も「たかが部活」ってずっと思ってやってました。

momotawp.hatenadiary.com

この前の記事に補足する形になってしまいますが、休みはお盆とお正月の3日くらいしかなくて、放課後ナイター使って遅くまで練習。練習前に腹筋、腕立て、背筋、ダッシュのトレーニング。
雨が降ると狭い体育館で男女合同練習、合間に学校の3Fまで20往復、毎日が地獄だったし、自分だけ終わるのが遅くて友達待たせて本当に嫌でした。

中学になるとみんな習い事をやめてテニスに集中してたけど、自分だけ習い事続けて早退してたし、今思えば頑張ってる友達からすると自分は士気を下げる問題児だったと思ってます。
ただ小さい頃から運動神経が悪かったから、誰にも期待されてないと思っていたし、期待に答える必要もないと割り切ってやってたから、当時は罪悪感なんてありませんでした。

ほんっと「ただの部活」「伝統校って何よ!?」みたいにずっと思ってたし。

でも最後の県大会で、先日も記事に書いたとおり、勝つか負けるかの瀬戸際で、
「負けたら引退!(もう練習しなくて済む!)」
「勝てば目標達成(引退が伸びる)」
どちらが良いんだろうって考えた時、地方大会を負けて悔しくて泣いていた友達の顔が浮かんできて、この試合勝ってほしいと一生懸命応援をしてくれてる友達のことを裏切れないと思って「勝ちにいく」ことを選びました。

それまでの自分は「負けて当たり前」って思ってやっていたので、そこで自分が大きく変わってたんだなって弱虫ペダルとハイキュー見て思いました。

特にこのハイキューの月島のシーンはなんとも言えない気分になったというか、そういうちょっとひね曲がった思考が一生懸命スポーツやっている人には申し訳なかったり、恥ずかしいと思ってたりしてたけど、現役時代、ただそうやって思ってあっさり負けて終えなかったことがもしかしたら貴重な経験だったのかもって思えたのが今回の収穫でした。
実は今、お店がなかなかうまくいかなくて落ち込むことも多いけど、もしかしてちゃんと本気出したらいけるんじゃないか?とまで思ってしまった。


あとは、男子が全国優勝目指して本当に遅くまで練習してて、「ほんっとバカじゃねーの!?」くらい思ってたところがあったけど、そのくせ県大会の決勝で声が枯れるくらい応援した自分の矛盾。
その試合も本当によく覚えてて、ハイキューの白熱した試合見ながらすごく思い出しました。

そんでハイキューは赤点で補講させられるシーンが出てくるんですが、うちの男子も成績悪いやつばっかりで、部活終わってから学校に呼ばれて補講してました。
そこになぜか私も呼ばれて…というか、英語はいつもトップだったし、数学は地区内偏差値良かったのに、興味のない理科と社会が著しく悪いせいで、なぜか女子は私だけ呼ばれ、スポーツバカに混じって補講させられてた…。スポーツもできないのに補講にも呼ばれた私ダサダサだったけど、ハイキューみてたらこれも良い思い出に変えられそうって思いました。


ちなみに今、バレーボールの西田が大好きで、本を買ってしまいました!

スポーツに関してはアニメや漫画もすごいけど、リアルの方がすごいです、たぶん。

西田は同じ三重県って言うこともあって好きなのもあるけど、プレイが豪快なのと、強メンタルがやばいくらい好きです!
この本の最初と最後にハイキューのイラストが入ってて感動!!


ハイキューはたぶん来年続編がアニメで放送されるという噂!コミックはすでに終わってるらしく、全巻大人買いするか迷い中です。

スラムダンク何回も読んだけど、ハイキューもコミック買ったら同じシーン何度も読んでしまいそうなくらいおもしろかった!

また違うスポーツアニメ探してみたいと思います!

中学のテニス部の話

スポーツアニメばかりみてたら、自分の青春を思い出してしまいました。

そんな淡い思い出…

 

私の中学は過疎が進んで入学したとき、全校生徒が30人ほどでした。

部活はソフトテニス部のみ。ただ、そのテニス部、地方大会では負けなし、県でも何度か勝ってて、まあまあの強豪校でした。男子は全国も勝ってたし、学校には優勝旗やトロフィー、表彰状がたくさん。

 

選べない部活、私はクラスの中でダントツ運動神経が悪くてスポーツやる気はなかったので入りませんでした。でもみんな入部して、授業中はテニスに話ばかり…

それに嫌気や疎外感を感じて、結局遅れて入部しました。運動神経悪いのに、遅く入って、友達からは大幅に遅れをとってました。

先輩たちの夏の地方大会は優勝、県では残念ながら早く負けたんだったか。翌年、ひとつ上の姉の世代は地方大会優勝、県は準優勝、東海大会出場と言う輝かしい成績でした。

私は姉の世代のキャプテンにやる気がないとよく怒られてた。その通り、やる気はなかった。

 

自分たちの年はすぐやってきて、人がいないからこんな私でも3番手レギュラー、ペアはひとつ下の後輩、人がいないからまだ初めて1年ちょっとの2年生もレギュラーになってしまいます。

地方大会は15年連続優勝、なのに私たちは負けました。一番手が勝ち、三番手の私たちが負け。3番勝負の二番手が負けた。

連続優勝を止めたのは自分だけど、全く悔しくなくて自分だけ泣かなかった。みんな泣いて泣いて泣いてた。

まあでも、地方大会勝ち上がっての県大会は毎年準優勝の強豪チームに当たることが決まってて(顧問のくじ運が悪いばっかりに)、私達の目標である東海大会出場(県ベスト4)はかなり難しいと言われてました。まぁでも県大会にすら出られなかったら意味がない。。

ただ、そこで終わりじゃなくて各地方大会の2位のチームばかりで争うプレイオフへの出場が決まってました。なんと、そこで勝てば県大会に出られるんです!

でもその大会2週間後だったか、すぐだったんですよね。。それでキャンプの日がうまく組めないとかで、キャンプを学校でして午後から部活の練習をするという狂った学校でした。地方大会優勝した男子からはブーイングでかなり嫌味を言われました…。

そんな感じでのぞんだプレイオフ、あっさり優勝しました。やけに楽勝だった。。

私は全く上達しなくて、そもそもラリーにならなかったのですが、一度そこそこ強い高校へ練習に行ったときに、そこの顧問の先生が「ツイスト」


www.youtube.com

というレシーブを教えてくれたんですが、私がどんぴしゃ一番うまくて、男子もとれないくらい精度が高くて、それを武器にしろと言われ、公式大会で使えるだけ使ってました。

速いファーストが入ると打てないけど、セカンドサーブはほぼ決めてました。(逆に普通にレシーブ返すと入らなかった…)
たまたまプレイオフで対戦したチームがカットサーブ(曲がってくるサーブ、YouTube参考)


www.youtube.com

(↑中学生はここまで回転かからない)

で、特にツイストが打ちやすいサーブだったため、楽勝で勝って優勝して県大会出場できることになりました。

そんで県大会、予想通り、地方大会私達が負けた中学校は重優勝候補の中学に1回戦負け。

私達は何回試合したか覚えてないけど、ベスト8取りで1番手が勝ち、2番勝負で私達が出たけどファイナルセットで負け…3番勝負で2番手の友達が勝ってなんとかベスト8。
そしてベスト4をかけた試合、姉が前年個人戦で負けた中学で、試合のオーダーが向こうが3番手→1番手→2番手、私達は1番手→3番手(私)→2番手。

うちの1番手はかなり強かったんであっさり勝ち、私達…1番手を相手にのぞんだ2番勝負。
「さっさと負けるんだろうな…」「負けたら引退だ!!」

前年に姉が個人戦でその中学の1番手に負けていて、私勝ち目ない…って思いました。姉は個人戦の地方大会で準優勝、県大会でも良いところまでいけるって言われてそこの中学に負けたんですよね。。
私は地方大会すぐ負けたし、そもそも勝った試合が少ないし…ストレートで負けるんだろうなって思いました。

そしたら、意外と相手が弱かったのかわからないけど、気づいたらファイナルセットになってました。
ファイナルといえば、ファイナルになった試合は全部負けてて、
「ここもまた負けるのかー、いやな終わり方するかも。。。」
「いや、ここで引退となる可能性が高い、喜ばしい!!でも…友達がまた泣くかもしれない。。そういえば私って練習全然頑張ってこなかったし、友達に迷惑ばかりかけてひどいやつだったなぁ…。最後に…本気を出してみよう!!!」

って漫画みたいに一瞬でそんなことが頭を駆け巡りました。
「最後だから顔に当たろうが、体に当たろうが、痛いのはもうあと数えるくらいだけだ!」
「引退したら自分は自由だ!!あと少しなんだ!!勝ったら引退が少し伸びるけど、ちょっとくらい耐えてやる!!」

って思って、それまで一切攻撃に出たことなかったけど、ちょっと出てみたら、相手がびびってミスを連発してそのままファイナルセットとって勝ちました。

誰も勝つと思ってなかったと思うんですよね。。
男子からは弱小みたいに思われてたし(特に私)、県ベスト4は奇跡に近いくらいな成績でした。友達は泣いて喜んでました。顧問(兼担任)も泣いてた気がする。。他の先生からもやたら褒められました。

アニメみてて、勝てる、勝ってやる!と思わないと勝てないっていうのはたぶん正しいです。

準決勝はかなり格上の全国レベルの中学にあたり、あっさり負けてしまったけど、東海大会出場という目標が達成されみんなうれしそうでした。
私は勝ったことはうれしかったけど、引退が伸びたのと、東海大会合宿という県の合宿に行くのが嫌で嫌でどうしようもなかった記憶です。(結局なんとか合宿こなした…)

しかし東海大会は1回戦負けでした。
いつも負け無しだった1番手の友達が負けました。実はこんなこと今までなかったんですが、私達のペアだけ勝ちました。
もう引退がうれしすぎて、何のプレッシャーもなくのびのびプレイできたんだと思います。技術がなくてもメンタルで勝つっていうのはこういうことだと思うんです。。

ちなみに男子は県大会優勝、全国優勝を狙っていたそうなのですが、男子も1回戦負けでした。それも意外だった。。
プレッシャーに勝つことはそれだけ難しいんだなぁ…って思いました。

テニスほんといやだったけど、アニメ見てたら経験しといてよかったのかもって思えてきたのは収穫です。
今ちびっこテニスをうちの近所の子がはじめたらしく、姉がお手伝いにいってるそうなんですが、見に行ってみても良いなーって思いました。
応援するのは楽しいし、がんばってる子は応援したくなりますね。

Netflix「シューマッハ」レビュー(ややネタバレ)

先日、公開になったNetflix「シューマッハ」を見てみました。

www.netflix.com

中学生の時に夜ふかしをしながら、テレビをつけてたらF1がやっていて、
「期待の新人!」
と言われて注目を浴びていたのがミハエル・シューマッハでした。

なんだかよくわからないんですが、
「この人すごい!!!次が見たい!」
と思ってドハマリしました。

 

そんな私の青春時代を思い出すF1シューマッハのドキュメンタリーは要チェック!

当時の私が見たら興奮してやめないような映像がたくさん出てきて感動してしましました…!

さらにプライベートの秘蔵映像なんかも多数あり・・・

当時、あれだけ大ファンでも得られる情報ってほんの少しだったんだなぁって思いました。

シューマッハが、お金がなくて国を変えてレースに出場してたとか、お金に苦労してたのはあまり知らなかったんですよね。。カート乗ってるってだけでそこそこお金持ちだと思ってたら、両親がカート場を経営してたとか。


印象的だったのは奥さんがこの人だ!と思った理由が、おうちでパーティーしたときに、シューマッハだけが皿洗いを手伝ってくれたことが理由なんだとか…!
韓ドラにありそうなシーン。。私もそういうのキュンとくるかもしれない。。
それよりもファンからするとシューマッハが皿洗いを手伝ってくれた、ってこと自体がうらやましく感じてしまいます。。。


シューマッハは天才と呼ばれていましたが、努力家で有名でした。
英語は必死で勉強したらしく、片山右京が英語をちゃんと習得していないことを注意してました。すごく真面目な様子が伺えるけど、この右京改めて見るとすごい。。

www.youtube.com
私から見ると右京は十分しゃべってるけど。。

フェラーリ移籍はびっくりした(フェラーリがイマイチだったから)けど、毎日遅くまでエンジニアと調整することが多かったらしく、本当に勝ちにこだわってたのがよくわかった。

それにしても、関係者が多数登場してたけどみんな年取ったなーって思ったと同時に自分も年取ったんだなぁ…って思いました。

ちなみに私はシューマッハの他にはハッキネンが好きで、デーモン・ヒルが嫌いだったんですが、ヒルのコメントには注目してしまいました。

今の容態についてははっきりとは言ってなかったけど、車椅子で意思疎通はできないというのは本当っぽいですね。。

 

私が持ってるシューマッハの直筆サイン

f:id:whiteandpeach:20210922154420j:plain

いまだにどっちが上なのかわからない。。
これはF1日本GPのとき、1994年か1995年だったか、鈴鹿サーキットホテル前でシューマッハ待ちしてて、テニスを終えたシューマッハに母が
「プレゼント!!!!」
と叫んだら振り向いてプレゼントを受け取って書いてくれたそうです。
もちろん私もその現場にいたわけですが、背が低かったし他のファンに飲まれ近くまでいけなかったんですよね。。
母が必死になってもらってくれたサインです。

ちなみにプレゼントは「風呂敷」…!!

シューマッハのことを全く知らない人でも楽しめる作品だと思うので、ぜひみてみてください!!

うちの犬と猫と私のコラボ、子犬のワルツ動画ができました

昨日の夜から作り始めた「子犬のワルツ」の動画ができました。

私の演奏はミスタッチたくさんあるし、遅くてどうしようもないんですが、映像と歌でごまかしました。


www.youtube.com

1分の動画でも大変なのに3分はきつかったです。。PCもだんだんメモリがなくなっていくんですよね。。

インスタにアップしたらフランス人のミュージシャンの方がコメントくれてました。アカウントを見に行ってみたら、プロのミュージシャンでとても良い演奏している方でした。

幻想即興曲のジャズアレンジとか。


www.youtube.com

これはうれしい。もちろんモモタによるものだけど。。

かなり疲れたので今日はぐったりします。。

マネーフォワード会計・実践編

今日はマネーフォワード会計の請求書と細かい設定をやってみました。

請求書は弥生販売が複雑で使いにくかったため、前使ってたソフトわくわく販売管理で出してたけどそれも何かと不便。見積もりはエクセルだし、misocaは無料期間だけ使ってボツ。いろんなソフトを変えて安定せず…請求書発行はそんなにないものの、かなり不便でした。

それを今回からマネーフォワードで発行するようにしました。

複雑なデータベースはないのかな?と思ったけど、取引先も内容も登録できるようだったので便利になるかなーと思います。コピーもできたし。

大学の仕事の見積書~請求書が決まり事が多くて、毎度かなり苦戦しているけどなんとかなるかなーと思いました。

 

そして、そのあと会計の方の細かい設定をしてみました。

私が会計ソフトで一番見るのは残高試算表の推移表なのですが、その際に弥生会計はこんな感じで表示されます。

f:id:whiteandpeach:20210916190702j:plain

普通に一覧です。

注目するのはこの[1]とか[3]とかのところ。
→補助科目

補助科目を作ってみたものの、表示されるのがなぜか下の方です。

f:id:whiteandpeach:20210916190956j:plain

クリックして一番下に表示されるのですが、これが非常に見づらくて途中からほぼみなくなりました。小さい画面だと隠れて見えないし。。(スクロールバーが出ます)

それがマネーフォワード会計の場合、このように

f:id:whiteandpeach:20210916191240j:plain

下に表示されます。ちなみに非表示にもできます。

この点、すごく異なる箇所です。
これなら補助科目使った方が良いかもと思って慌てて補助科目を増やしました。

ちなみに上記のやつ、以前はエクセルにいちいち入力して推移表を作ってたやつです。

こんな感じでエクセルに表作って手入力してました。

f:id:whiteandpeach:20210916192318j:plain

今回、自動連携でモールごとの売上高入力ができるようになり、それぞれ補助科目設定も最初に登録しておけば次回から自動で入力されます。
つまりエクセルでの作業がなくなります!!

弥生会計は弥生販売のデータを連携して転記していたのですが、一括転記にしてあったため、内訳は弥生販売をいちいち開く必要がありました。
また実店舗の売上はまた別のシステム(Airレジ)なので、売上の内訳推移表を作る際は、それぞれの数字を拾ってエクセルに入力してました。かなり手間だった。

ついでに円グラフも出るみたいです。

これは収益レポート。

f:id:whiteandpeach:20210916211258j:plain
まだ全部のデータは入れてないけど、正直なところ比率はこんな感じです。。

他にも経費や仕入もこのような表が出せます。

キャッシュフローも見やすいし、財務指標まで入ってました。

今のプランだと部門登録も2件まで使えるらしいけど、数字が小さいし今のところは補助科目で分けておけば十分かなと思いました。

自分的には分析表を見るのが好きなので、簡単にこういった表を出せるのはかなりポイントが高いです。

最初が肝心なのでもう少し機能などあるか確認して日常業務に戻りたいと思います。

マネーフォワード会計移行作業完了

今日は前期決算が終わったので、会計ソフトを弥生会計からマネーフォワードへ移行しました。とりあえず前期、前々期分だけ移行しました。
支援金や補助金に使うのは前年度、前々年度くらいまでなので良いかなーと思いました。

お試し期間中に、事業設定・科目設定だけ先にしておいたため、特にエラーはなくできました。ここは間違えるとあとで面倒なので慎重にやりました。…というか一度適当にやって全部削除して入れ直しました…。

仕分け移行はちゃんとガイドが書いてるけど、途中までしかみなかったせいか、普通預金が補助科目に入らず、普通預金一式で移行されてしまい、あわてて残高だけ手動で修正しました。

その後、データ連携をできる限り設定してみました。

f:id:whiteandpeach:20210915235517j:plain

弥生会計もネットバンクの連携はあったけど、アスクル、たのめーる、モノタロウなどの消耗品関係、ヤフーや楽天のデータ連携はなかったのでこのあたりは便利になりそうです。

ただ、データを取り込んでみたところ、楽天市場のデータが注文日ベースで取り込まれるため(通常発送日を売上にしている)、税理士に確認しなければいけないんですが、もしかしたら難しいかなと思ってます。みんなどうしてるんだろう…

BASEとヤフーは発送日ベースなので問題なしでした。

 

消耗品関係は自動で入るので、勘定科目を内容によって変更する必要はあるけど、毎度未払金が合わなかったので、自動になることでミスはなくなると思います。

ここで残念なお知らせ…
仕入データの連携が一切なかった…!
インポートする方法でやってはみたけれど、仕入れサイトのデータ自体がちょっと難ありで、修正する必要があるため、画面見ながら手入力する方がミスがないかなと思いました。。
これは仕入サイトに要望をかけようと思います。
ここがクリアになるとかなり楽になります。

あとは前もそうだったのですが、家賃と電気代をまとめて振り込んでいるため、銀行から自動で取り込んだ際、毎度そこだけは手動で分けなければいけません。

マネーフォワードでは手動仕分けの際、簡単入力というメニューがあって、よく使う手動になりがちな勘定科目だけ事前に登録しておいて、そこで簡単に入力できるという機能がありました。買掛金などはそこから入力しようかなと思います。

弥生のように総勘定元帳から勘定科目を選んで入力する方法もできるみたいなので、慣れるまではどっちがはやくできるか、両方使ってみて選びたいと思います。


明日は請求書を作りたいと思います。

制作の仕事はそんなに受けてないのですが、弥生の見積~請求書は使いづらかったので、こちらのソフトでなんとかなればよいなって思います。